印影発注のポイント

それでは、印鑑の印影を発注する場合、どのようなポイントがあるのかについて紹介します。まず考えて置くべきなのが、苗字のみの印鑑とするのか、フルネームの印鑑とするのかです。名前のみの印鑑というのも作ることができますが、ビジネスシーンにおいては使用されることがほとんどないため、こちらについては自由に選択する形となるでしょう。

苗字のみの印鑑とする場合と、フルネームの印鑑とする場合とで別に考えて置かなければならないのが印影のレイアウトについてです。苗字のみであれば全体を収めるように印影を設定することができますが、フルネームの場合二行にする必要が出てくる場合があります。その時、縦に二行するのか、横に二行にするのかで印象に違いがあります。

その上で、使用される書体を選択しましょう。印鑑の生産を行っている会社によって、使用することができる書体には違いがあります。一般的な印鑑としては楷書体や行書体、明朝体などが使用されるようになっていますが、受注生産を行うを場合については隷書体やゴシック体といったような、普通はあまり印鑑に使用されないような字体を選択することもできるようになっています。状況に合わせて適切なものを選択するようにしましょう。